企業の約半分が母集団形成に満足できていない?母集団形成の具体例6選

今回のテーマは『母集団形成のための戦術』です!

皆さま、「母集団形成」というワードを聞いたことがありますか?母集団形成とは、自社の採用情報を採用したい学生に的確に届けて、自社に興味を持つ学生を集めることをいいます。

そこで今回は「今年から新卒採用を行うが、母集団形成についてよく分からない」「毎年新卒採用は行っているが、母集団(エントリー)が目標値に達しない」「次年度に向けて何か効率的・効果的な方法は無いか」というお悩みを抱えている方へ向けて、「母集団形成」と共にエントリー数を増加させる方法について詳しくお伝え致します。

母集団形成の位置づけ

母集団形成とは

母集団形成とは自社の求人に対して興味を持っている応募者のエントリーを集めることを言います。

採用において最重要ですが、なぜそんなに重要なのか?それは採用における採用プロセスから位置づけを見ることで理解ができます。

『学生を集める』→『企業に惹きつける』→『学生を選定する』

この3ステップを滞りなく進めていくことが基本的な採用プロセスです。そして母集団形成とは、この中の『学生を集めること』に匹敵します。つまり採用のスタート地点だということです!

採用活動を行う企業側からしてもある程度、自社とのマッチ度を検討する必要があるので応募者の選別も行う必要があります。そのために、母集団形成を効率的に行い見極めるための選択肢を増やす必要があります。

約半数の企業は母集団形成に満足できていない

しかし、実際には企業の49%と約5割の企業が母集団形成の結果に満足が出来ない程、母集団形成を十分に行う事が、厳しい状況となっております。

母集団形成の状況

ディスコ:2020年卒採用活動の感触等に関する緊急企業調査

採用における一番の課題は「母集団形成」

採用を行っている企業の「採用活動全体」においての課題で見ても、企業の61.5%が課題は母集団形成と回答していることがわかります。

採用における課題一番は母集団形成

ディスコ:2020年卒採用活動の感触等に関する緊急企業調査

このことからも、「母集団形成」とは、採用活動において目標達成を左右する程重要なステップと言えます。

しかし、ただエントリーを集めればいいという事ではなく、エントリーした応募者とのマッチングの率も非常に重要となっています。では、良いスタートダッシュとなるため2021卒はどのように母集団形成をすれば良いのでしょうか。

母集団形成、その具体的な方法とは

一般的な母集団形成の方法について

母集団形成を行うための方法には下記のように、様々なものがあります。

【1】求人広告

この求人広告経由の就職がシェアNo.1を誇ります。特に新卒採用は、この求人広告が圧倒的な力を持っており、インターネットにさえ繋がっていれば、いつでも誰でも閲覧できるため、学生に人気な就職サイトや貴社のニーズにあった学生が集まりやすいサイトなどに掲載などをすれば、母集団形成の可能性は無限大にあります。

一方で、今の状態では、多くの企業が求人広告を出しているため、埋もれてしまう事態が相次いでいます。そこでポイントなのは、「掲載の仕方・工夫」などです。どうしたら先行投資型の求人広告のエントリー数が集まるのか。何か良い事例や方法はないのか。

【2】インターンシップ

今や参加学生は9割を超え、実施企業は8割以上。そして、参加企業への本選考エントリーした学生は脅威の7割!といったように、採用活動において絶対に外せないものとなったのがインターンシップ。

学生が就職サイトで興味のある企業を探す際、その会社がインターンシップを実施していないという時点で検討リストから消えてしまうこともあるんだとか・・・。

最大のメリットは、やはり意欲が高く優秀な学生をいち早く確保できる可能性が圧倒的に高いことにあります!

さらに2021卒では、母集団形成やエントリーを超えて、「内定を意識したインターンシップ」も新トレンドになりつつあります。

関連記事

今回のテーマは『2021新卒採用の市況感』です。売り手市場が続く近年の新卒採用、「そもそも、市況感とは?」から2021卒の新トレンドを紐解いていきましょう! そもそも、市況感って何? 皆さんの中には、普段は何となく使っている・言っている[…]

2021卒採用の市況感 ~新トレンド3つをご紹介!~

【3】Web説明会

2021卒において避けては通れない「東京五輪の影響」を懸念して事前に21卒採用はWeb説明会を取り入れようとしていた企業も多くあるかと思います。それは、五輪開催により大きな会場は使えず、学生との対面での接触も自然と機会が減ってしまうからです。

しかし、最近の新型コロナウイルスの影響を受けて、急遽導入を検討せざるを得ない企業も多く出てきたのはないでしょうか。

その名のとおり、インターネットを使って説明会を行うため、

  • 学生の好きなタイミングで参加できるため、参加率アップが期待できる。
  • マンパワーがかからず全国の学生を対象にできる。
  • デジタルネイティブ世代マッチな手法なため、時間を忘れて没頭する学生が続出。

といったメリットが挙げられます。

また、収録での配信やリアルタイムでの配信も可能!設定や管理も簡単なだけあって、貴社人事部の生産性アップにもつながります!

【4】人材紹介(新卒エージェント)

完全成功報酬型の人材サービスです。求職者が入社するまでは全く費用が掛からないのと、人材会社に申し込みさえすれば、後は人材会社に母集団形成をお任せいただけます。また、紹介させていただく際には必ず営業担当やキャリアアドバイザーが間に入って進めていくため、全くの条件不一致な応募は基本的にありません。

面接日程の調整や内定者フォローまでアウトソースできる、確実性・安全性が非常に高いサービスです!こちらに関しては、弊社キャリアマートのグループ会社でもある「就活キャリア」が承ります。いつでもご相談ください!

▼新卒紹介のサービス概要資料はコチラから無料PDFをダウンロードできます

新卒紹介サービス概要

【5】リファラル採用(友達紹介)

社員自ら友人や知人に、自社への入社を勧める採用です。こちらは、どちらかというと中途採用向けです。リファラル採用のメリットとしては、コスト削減と内定辞退率や離職率が圧倒的に低く抑えられること。現役社員のお墨付きということもあり、中にはリファラル報酬を設ける企業もあるほど効果的なんだそうです。母集団形成も社員自身が行ってくれるため、人事担当者の負担軽減も大いに期待できますね!

関連記事

さて、本日は、中途リファラル採用で成功する方法を伝授致します。最近では、採用業界のトレンドになってきている「リファラル採用」ですが、何がそんなに良いのでしょうか。 「リファラル採用(referral)」のメリット 思っていたよりも「ミス[…]

【中途採用したい企業必見】リファラル採用で成功する。5つの事例

【6】新卒採用アウトソーシング(RPO)

そして、新卒採用において最大の手法。それが「採用アウトソーシング(PRO)」です。その名の通り、採用活動そのものをアウトソース(外部委託)できるため、いわば貴社の人事担当者が数名増えるイメージです。

アウトソーシング企業と採用についての要件などを詰めた後は、人材会社選定~母集団形成~面接~内定者フォローなど全てをお任せいただけます!

母集団形成で言うと、スカウトメール配信など人事様が1件1件行う仕事をそのままお引き受けできます。貴社の採用業務でキャリアマートにお任せできることはありませんか?キャリアマートは、新卒採用アウトソーシング(RPO)に大変特化しており、様々なクライアント様の採用支援を行っております。

1件1件のスカウトメール送信や条件にあった学生のスクリーニング(選別)。ぜひ弊社に任せて、その『生まれた時間』をもっと面接につかいませんか?

⇒ 一度、こちらまでお問合せください!

その他

就職サイト(エントリー型)、ダイレクトリクルーティング(スカウト型)、合同企業説明会、学内企業説明会、自社HP、学校の就職課(キャリアセンター)、若者ハローワーク、企業のイベン、SNSなど、あの手この手で母集団を集める方法は存在します。

関連記事

新卒採用において、就職サイト上のエントリー数は、採用成功の重要なキーワードとなっております。 日々人事担当の方は、「エントリー数」に悩まされているかと思います。そこで今回は、エントリー数を増やすにはどうすればよいかについて検討します。 「[…]

就職サイトのエントリーを増やすためには

利用方法は?始め方は?

上記の中で最も認知度の高いものとしては、マイナビ・リクナビ・キャリタス・ガク情等の就活サイト(エントリー型) のものが主流であると言えます。しかし、採用方針が各企業によって異なるように自社に合う母集団形成の方法も異なってきます。

上記の施策(ツールや媒体)をフルで活用している企業は、おそらくいないかと思いますが、母集団の増員を目標通り集客している企業では、上記のいくつかの施策やツールを駆使して母集団形成を行っています

母集団がなかなか見込めない企業様は上記の「母集団形成の方法」より自社の採用方針に合う方法を選別する必要があります。

まとめ

以上、『母集団形成のための戦術』をお届けしました。採用において、母集団形成とは「スタート」です!スタート無くしてゴールはあり得ません。

  • 良いスタートが切りたい!
  • そもそもしっかりスタート出来ているか分からない。
  • もう既にスタートで失敗しているかもしれない。

また、どの手法が自社に合っているか分からない等、どんな些細なことでもOKです!

⇒ ぜひこちらまでご相談ください! もちろん、お電話でも承ります!(03-3367-5599)

次回は「母集団形成の効果的・効率的な採用活動のポイント」についてお届けします。ぜひ次回もお楽しみに!!

 

★無料セミナー開催中★

ご予約はこちら!

随時日程公開中!ご予約はお早めに。

OSCTA

母集団形成具体例
ぜひフォローして最新記事をご覧ください!